読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

湾岸apt-get

たまたまヨ
初めてインストールしたLinuxOSが
たまたまDebianだったのヨ

とゆーか
昔からフリーライセンスでまともに使えるOSはdebianなのヨ

俺の時代はバージョンpotato
それが最初のOS

で、potatoにwoody
みーんなライセンスフリー

woodyあたりでやっとマトモかナ、
ちゃんと使えるOSになったとゆーか

設定ファイルは独自性があって無茶苦茶、
なのに使い勝手だけはある

Debianってのはずっとそうだったわけヨ

乗ってる奴もむつかしーコトは言わねえアホーばっかで

woodyで本気のOSになって、sargeにチェンジ
ある意味Debianはソコが頂点なのヨ

あの頃、マジにRedhatにもSUSEにも
sarge以上のOSはなかったから

etchでもっと良くなったがCentOS4.6やSUSEがいるワケだろ

もうDebianは突出したってカンジじゃあないのヨ

なんかくやしいわけヨ

RedhatSUSEにナメられちゃイカんのヨ

Debian命って奴は世の中にまァゴマンといるが
ことDebianがパッケージ管理として最高と思ってる奴は少ないと思うヨ

ポンポンとapt-getした積み木だとかサンドイッチとか
みーんな自嘲的に笑ったりしてナ

で、他のOSに乗り換えた時気づくのヨ

アレ、よかったって

そして戻れる奴は再びDebianに戻るし
事情が許さず戻れない奴もずっと忘れないOSになるのヨ

突出していたのはDebianの性能じゃなく
その存在そのものなんだったと気づくのヨ