読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

how to use PostgreSQL


ソースでいんすこするとユーザつくらにゃならんで面倒ね。
apt最高


# configure --prefix=/usr/local/pgsql
# make
# make install

せっせとユーザつくる


# groupadd -g 5432 postgres
# useradd -u 5432 -g postgres -d /usr/local/pgsql -m -s /bin/bash postgres

vi /usr/local/pgsql/.bashrc


POSTGRES_HOME=/usr/local/pgsql
PGLIB=$POSTGRES_HOME/lib
PGDATA=$POSTGRES_HOME/data
LD_LIBRARY_PATH="$LD_LIBRARY_PATH":"$PGLIB"
PATH=/usr/local/pgsql/bin:/usr/local/bin:/usr/bin:/bin

export POSTGRES_HOME
export PGLIB
export PGDATA
export LD_LIBRARY_PATH
export PATH

パス追加しとけばね。後々楽やね。

DBの環境つくるね。


# su - postgres
# mkdir data
# ls -la
# initdb -D /usr/local/pgsql/data
# ls -la data/

Listenするように設定しておくね。
vi /usr/local/pgsql/data/postgresql.conf


tcpip_socket = true
virtual_host = '127.0.0.1'

この辺設定しておいて、起動するね。


# setuidgid postgres /usr/local/pgsql/bin/pg_ctl -m f start -D /usr/local/pgsql/data/
# netstat -nap | grep 5432

ちなみに止めるには

setuidgid postgres /usr/local/pgsql/bin/pg_ctl -m f stop -D /usr/local/pgsql/data/

こんな感じ。

ほんと、ゆっくりしていってねって感じです。