読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

updatedb.conf

locateで除外したいパスやファイルシステムを定義する

Debian lennyの場合


export FINDOPTIONS
# filesystems which are pruned from updatedb database
PRUNEFS="NFS nfs nfs4 afs binfmt_misc proc smbfs autofs iso9660
ncpfs coda devpts ftpfs devfs mfs shfs sysfs cifs lustre_lite tmpfs usbfs udf"
export PRUNEFS
# paths which are pruned from updatedb database
PRUNEPATHS="/tmp /usr/tmp /var/tmp /afs /amd /alex
/var/spool /sfs /media /home/hogehoge/Mail"

hogehogeユーザのMaildirの配下はかなーりいい感じでメールが溜まっているので
それをいちいちインデックス対象とされては困るので除外対象にしました。

しかし毎時行われるMewのhyperestraierのインデックス更新の負荷が凄いな…

あーもっとメモっとかないといかんもんがいっぱいあるのにメモりきれん。。
休みを使って更新できるかな。。


#上の親知らずを2本抜いた。残るは左下の肉を削ぐタイプのやつのみ。。