読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gitでよく使うコマンドまとめ


Dropbox差分バックアップされているのに
更に自分でgitでバックアップを取る入念さよ!(あんまり意味ない)

ということでたまに使う時に忘れてるのでメモを。

# git init

gitプロジェクトの作成 .gitできる


# git add .

gitプロジェクトに対象のindexをつくるのかな?


# git commit

コミット


# git add file1 file2 file3

file{1..3}をコミットする。
git-diff を --cached オプション付きで実行すると
コミットされる内容を確認できますと。


# git diff --cached

--cached を指定しない場合、git-diff は修正されているが
まだ索引に追加されていない変更を表示します。
git-status を使用すると簡潔なまとめを表示することもできますと。
git-status はたまに使う。


# git commit -a

この方法では変更ファイル(ただし新規ファイルは除く)を自動的に検出し、
それらを索引に追加し、コミットするという操作を纏めて実行します。
ほぼこのコマンドで(ry


# git revert

これでIDのところに戻せる


# git reset --hard

これで直前のコミットの状態に戻れる



 - 参考URL
-
Git ユーザマニュアル (バージョン 1.5.3 以降用)