読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CentOS6.3をインストールしようとしたらCustom Layoutの項目がなくてGUIかVNCを立ち上げるかkickstartでインストールしないとLVMしか選べなくなった

RedHat

あれー、何か設定忘れてたかなーとか思って5系で試したら出てきて
あれー、何でだろーって思って色々しらべていたら

9.13. Disk Partitioning Setup




Important — Installing in text mode

If you install Red Hat Enterprise Linux in text mode,
you can only use the default partitioning schemes described in this section.
You cannot add or remove partitions or file systems
beyond those that the installer automatically adds or removes.
If you require a customized layout at installation time,
you should perform a graphical installation over a VNC connection or a kickstart installation.

Furthermore, advanced options such as LVM, encrypted filesystems,
and resizable filesystems are available only in graphical mode and kickstart.

カスタムレイアウトが選べなく鳴るのは100歩譲っても
デフォルトがLVMになるのってどうなの?って思った。
RedHatが今後どこへ向かうのか注意深く見ないといけないのかもしれない。
っていうのを海外のフォーラムで結構見たし本当にそう思う。

GNU/Debianの世界がはじまる!